心で刻む石創り

和風墓石

石匠の和風墓石

限定プラン_image06

和風墓石

江戸時代から広く使われており、現在でもポピュラーな形の墓石です。日本全国の墓地の多くはこの和型墓石です。見た目にも安定感があって美しく、昔からのお墓という親しみやすさがあるからではないでしょうか。

和型:基本的には台石を2つ重ねた上に細長い石(棹石)がのる「三段墓」。全体的に縦に長く背が高い。仏式:日本の墓地にて多く見られる墓石は、各柱塔が三段積み重なっている形状で一般的には和型三段墓と呼ばれている。和型三段墓は上から「竿石(棹石)」「上台石」「中台石」「下台石」の四つの墓石で構成され、竿石を仏石と呼んだり、三段の石を天地人に見立て竿石を(事業や金銭など動産を示す)天の石、上台を(寿命や家庭など人間を示す)人の石、中台を(財産や家など不動産を示す)地の石と呼ぶこともある。石の種類は白御影石や黒御影石が使われる事が多い。和型の墓石は仏舎利塔や五輪塔を簡略化したものだといわれている。


神式:江戸時代以前には仏式の墓が主流であったが、明治時代の神仏分離政策により神葬祭用の墓が建てられるよう政府が公営墓地を急造したことにより民営墓地以外でも神道の墓が建てられるようになった。神道では死は穢れとされていることから、通常は神社の敷地内に墓地はないが、神社が事業主体となった神道専用の墓地も見られる。神式の墓は一般には「奥津城」と呼ばれる神道式の三段墓で上記の和型三段墓と似ている。

お気軽にお問合せ下さい。 TEL 0120-148-541 午前9時~午後6時

石匠は安心の10年間保証

石匠のお墓は安心の10年間保証。商品に自信があるからできる信頼の証です。

10年間の保証書

2019年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGETOP
Copyright © 有限会社石匠 All Rights Reserved.